【 猫 】チーム・マイナス6%

前回、ネコソファトイレでさんざんな目に遭っていることを公開したが、実はソファだけでなく、なんと! 羽毛布団もヤラれてたのであった。

発端は、マメが一人っ子時代へさかのぼる。

13年前
komame01.jpg

現在
oomame.jpg

手のひらサイズだったマメが順調に育ち、いよいよ発情期を迎えるにあたり、我らヘッポコ夫婦はな~んの準備もしておらなかった。これがマズかった。
マメ様、発情期を迎えたが最後、もうあっちゃこっちゃにスプレー行為開始。

komame02.jpg

 この3ヶ月後に発情

その時、高品質高級羽毛布団にもジャーッ……ヤラれちまいました。
それでも去勢手術が無事終わり、そんなこともありましたっけねぇと思い出も風化しかかった頃、あの巨大猫ポヂオ君が我が家にやって来たのです。

podinirami.jpg

 オレ来たぜ

つってもポヂが勝手に家に入って来たのではなく、我ら人間が家に入れちゃったんだから、マメにしてみれば文句は山ほどあるだろう。

ポヂがやってきてからおそらく、マメは自分のニオイを探したのではなかろうか?
「あ、ここにオレ様のニオイが!」
そこが羽毛布団。
オレ様のニオイがあるところをさらに強調せねば!と言わんばかりにジョージョー。
さんざんヤラれた布団は、購入時ふんわりふかふかだったのに、洗ってファブって(ファブリーズ)すっかりヘタってしまった。羽もポワポワ出てくるようになってきた。羽毛なんて洗っちゃいけないんだから、当然といえば当然か。
はぁ~いよいよ買い換えか?
いやいや、この布団は結婚祝いに夫の母からプレゼントされたものであり、せっかくだからと大奮発した羽毛布団。銀座松屋で買ったんだ。むやみに捨てられない!
では、どうしましょ?
そうだ、布団仕立て直しという手があったのだよ。

仕立て直しという方法があることは知っていたが、ヘンな布団屋に頼むと「良質の羽は抜かれる」というホントかウソか分からない話を母から聞いていた為、なかなか手配できなかった。そこへ登場したのがパルシステム。



パルシステム会員のみ頼める仕立て直し。
季節ごとに仕立て直しのパンフレットが入っている。長い付き合いの布団屋さんだな。それならヘンなことはしないだろう。何かあったらパスシステムにクレームすれば、直に言い争わなくても済む。
ということで、パルシステムの『花嫁わた』に頼むことにした。

まず、布団を包むパッケージが送られてくる。それに入れておくと後日、引き取りに来てくれるのだ。
その際、他人の布団と間違わないようにウチのタグを添付。
引き取って貰った後、電話がくる。
ウチの布団はやはり、かなりヘタっていたようで、羽毛を足すのに別料金がかかるとのこと。最初の料金より2万円近くオーバーしてしまうが、ここでちゃんと直してもらったらさらにまた15年ぐらいは気持ちよく使えるのだと考え、足し羽毛をお願いすることに。
購入時同様、ふんわりふかふかになって我が家に帰ってきた羽毛布団。足し羽毛したおかげで、かさ高くなっていた。
今年の冬からはもう大丈夫!

この『花嫁わた』さんから戻ってきた布団の中に、パンフレットが入っていた。そこには、
「地球と体にやさしい布団のお話」
とあった。
パンフレットの挿絵とデザインがとても良くて、すごく力を入れている感じがした。

futonhituji.jpg

 【足しわたの品質基準】の挿絵

futontori.jpg

 【足し羽毛の品質基準】の挿絵

そして、地球温暖化で沈む国「ツバル」の現状とハガキも同封。

hagaki.jpg

 満潮時に島の中心まで
 潮が満ちてきて、
 自転車で立ち往生する兄弟

『花嫁わた』と『ツバル』
何の関係があるのかというと、布団を打ち直すと環境貢献度がアップするというのだ。
古くなった布団を捨てて新しい布団を買うのではなく、仕立て直す。今回の我が家。パンフレットには、ウチが環境に貢献した度合いの紙が同封されていた。

【今回、お客様の仕立て直しについての環境貢献度】
CO2抑制量  8.6kg/CO2
  ▼
2リットルペットボトルを焼却した際に発生するCO2に換算すると、
47.9本分
  ▼
エアコンの使用時間に換算すると
38.7時間
  ▼
液晶テレビの利用時間に換算すると
182.3日分

となっていた。
これってスゴイかも!と結構、いや、かなり嬉しかった。

今回、この記事を作成中、前から気になっていたサイトを調べてみた。
チーム・マイナス6%

「自分が出来ることを実行すると、これぐらいのCO2を排出しなくて済みますよ」という指標のようなものが載っている。

tyarenji1.jpg

tyarenji2.jpg

今回、いい機会なので、私も宣言することにした。

tyarenji3.jpg

これを目安に、1日1kg、CO2減を目指していきたいと思う。

秋も深まり衣替えをしたら、着ない服がこんなに出てきた。夫婦二人分。

huku.jpg

これは来月、市で行っている古布回収に持っていく。ちと邪魔だが仕方ない。出した時はとてもスッキリするので、回収日までの辛抱辛抱。
市では、回収した古布をほどいて糸に戻すという。燃やすよりはリサイクル。これも貢献。

羽毛布団も新品同様になったし、環境貢献も出来た。
とはいえ、マメが仕立て直した布団に再びジャーっとやらないと決まった訳ではない。
ウチの布団はダブル合掛アンサンブル布団だったから、費用は5万円ぐらいかかった。(シングルだとおそらく2~3万円ぐらい)
「高かったのに、またヤラれたらどうしよう~」
考えた挙げ句、仕立て直しした布団はマメが死ぬまで使わないことにした。本当は、今すぐにでもかぶって眠りたいが、洗っちゃいけない羽毛布団を洗うのはもうヤメにしたい。
もちろんマメには目標20歳まで長生きして欲しい。でも布団も大事。ということで先週、安い布団を購入。これは安いだけあって、家で丸洗いも可。
これで今後、いくらジャージャーやられても心配なし。よっしゃ!
……
何やってんだか……???

tensumasi.jpg

 アタシには関係ないも~ん

runking.jpg
 ブログランキング
 ←プチンと押して貰えると励まされます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする