【 動 】花見’08

3月29日(土)
何年ぶりかのお花見。

hana1.jpg

かれこれ22年前。
上京したばっかりの私は仕事場の同僚たちに ココ、上野公園に連れてきて貰った。
それまで「花見花見」と騒ぐ大人たちの気持ちがいっこも分からなかったが、ここに来て初めて人が騒ぐ気持ちが分かった。

その時の私は病院に勤務しており、土曜日は半ドンだった(半ドンって……死語)。
とても天気が良く、同僚たちが車で寄るということで連れてきてもらった。
上野公園到着。
人、人、人のあまりの人ごみに呆然とした私だが、皆の後について道路から階段を上っていった。
人の背中しか見えなかった。
「別に花見なんてしなくてもいいんだケド……」そう思いながら階段を上りきったその時!
ぱあーーーーーーーーーーッ!!!
まさに「ぱあー」と視界が桜だらけになったのだ。
もうこれは生まれて初めての経験。何とも言えない気持ちになった。
いや、感動していたのだ。かなり。
「うきゃー! こりゃあ皆、花見花見って言うわー!」
ようやく人様の気持ちが分かった。
だってまさに、空が桜色一色。

あれから22年。
「はて? あそこの階段はどこだったンかいな?」
そう思った途端、またあの時の感動が味わいたくて、人ごみ大嫌いの私だが、珍しく……いや、初めて「花見に行こう」と夫を誘う。
「えーーーーッ!?」
かなり驚いていた夫だが、私の気が変わらぬ内に「いつ行く?いつ行く?」と日にちを決められてしまった。
そうなるとちょっと憂鬱。
「本当に行かきゃいけなくなった……」内心どんより。どんだけ出不精だ?

でも、出かけてしまえば張り切っちゃう。
「公園に階段は2カ所しかないと思うよ」
やけに詳しい夫が言うが、もしかしたら知らない階段があるのか? ということになり、入谷駅から歩くことにした。
最近、小デブだし少し歩いたほうがいいからね、ということで。
結局、美術館のほうから動物園口をグルッと回って西郷さんの階段から上る。
「違う。ココの階段じゃないことは知ってたけど、やっぱりココじゃない」
ということでもう一つの階段へ。
この日もかなりの人ごみ。えんえん歩くうち
「もしかして、夢だったのか?」
この言葉は夫を無口にさせた。
しかし、やっぱり夢ではございまセン。もう一つのほうの階段だった。
すぐには気づかなかったけど、横断歩道を見た瞬間
「あ! ココだココだ!!」

hana4.jpg

間違いないということで、いったん階段下までおり、また上り始めた。
いざ、あの時の感動を!
上った。
感動……した?
……
うー………ん……???

この日は満開と言われていたが、まだまだ満開ではなかった。
その時、気づいた。
私は22年前、散り始めた時に来たのだった。

そうかそうか。
来年は、桜が散り始めたら来ることにするよ。

hana2.jpg

でも、十分キレイだった。

hana3.jpg

こんなコトにもなってた。

hana5.jpg

階段が発見できたからもうイイねとサクラ人ごみ並木から早々に引き上げ、これまた何年ぶりかのマルイへ。
そこで夫の靴ゲット。
危うく私の夢に付き合わされそうになったからね。夢じゃなくて良かったさ。
気に入った靴見つかって良かったし。
それがコレ。
……

hana7.jpg

 ポヂお君、邪魔デス

てことで、これがソレ。

hana6.jpg

この日は2時間くらい歩いたから、とっても運動になったよね。
そう言い合ったのもつかの間。
御徒町にある焼き肉店で焼き肉食べちゃって、ビールまで飲んじゃって(まだ3時なのに)珈琲館でアップルパイまで食べちゃった。
差し引き、摂取カロリーの勝利。
バカ。
うーでもオイシかった。

画像 
 ←コマメにテンポヂッと押して貰えると励まされます

画像

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする