【 品 】今さらレビュー(歯列矯正励まし編)

今週の火曜日。
いよいよ歯列矯正開始。

お金も貯まったし、
44年間のこの歯並びともおさらばする日が、
いよいよ、きた。

さすがに歯形なので、そんなに大きな画像にできない。
恥ずかしいものがアル。

ha.jpg

 これが

 こうなる

下の歯も矯正するが、完成予想の歯形は作られなかった。
大きく変化するのは上の歯だから、というコトか。

歯列矯正の話を歯科医から勧められたのは、今年の検診の時だから3月だった。
その時は、矯正に関するアウトライン程度の説明を受け、考えとくとセンセイに言った。
あれから5ヶ月経過。

先週、矯正することにしたと、センセイに伝えに行ってきた。
センセイは、私の疑問点を全て聞き、説明してくれ、矯正決意確認を取る。
その際の、私の最大の疑問点はこうだ。

矯正器具を歯の前方に付けた場合と後方に付けた場合の、メリットでメリットを教えて欲しい。

それに対する答えはこう。

メリット
☆矯正していることが他人に分からない

これのみ。

デメリット
☆装着が大変
☆前方より円周が狭くなるので、1ミリ狭くするのでもキツさが強くなる
☆期間が2~3ヶ月長くなる
☆10万円高くなる

デメリットがメリットの4倍。

……

お金が高いのにデメリットも増えるなんて。

……

「もう結婚してるし、前に装着すればいいじゃん!」(by健康おたく仲間の組ちゃん)

……

だよね~?
10代や20代の乙女ならまだしも、
もう40代半ばだよ。
見た目がどうこうって、どうよ?

……

後方に装着したって、上の歯を2本抜くンだから、
それだけでも目立つだろう。
じゃあもう、前に装着したって同じことだろう。

……

「デメリット考えたら、前に付けた方がいいだろ~」(by夫)

……

夫もそう言うんなら、もう前にしようかな。

……

「誰もあんたの顔なんか見てないって」(by母)

……

だよね~。
そりゃそーだ。

……

よし!
前に装着決定ー!

……

※「……」は「でも」「やっぱり後ろのほうが」の意

前に装着することにしたよ、と夫や母に言う。
でもつい、心の中に「……」と浮かぶ。

そんな時、急に聞こえた自分に対するツッコミの声。

「前に付けて人の思惑を気にするのは、パンクじゃないし、ロックじゃない!」

�E�E�E�B

そうだ!
人目を気にするなんて、それはパンクじゃないし、ロックじゃない。

そう思ったのは、夫所有の古い本を引っ張りだして読んでいたから。
その本とは。

【壊色】(えじき)

matizou1.jpg

 1993年発行
 町田町蔵
 現在の町田康

matzou2.jpg

 サイン入り

我が家のオット君は、
作家・町田康氏がパンクロッカー・町田町蔵氏の時から彼の音楽を聴き、
彼の文章を愛読していた。
音楽は、町蔵氏が【犬】というバンドで活動して時から聴いてたらしい(マニアックすぎだろう…�G���������͂��Ă�������)。
おつきあいで、私も一緒に町蔵氏のコンサートには行った。
コンサートに行くためにCDも聴いた。
『腹ふり/町田町蔵+北澤組』
その中の【イスラエル】という曲が大のお気に入りとなる。
『町田町蔵+北澤組』のライブは、かなりかなり良かった。
でもこれは、15年以上も前のコト。

そして、歯列矯正とは何の関係もなく、
最近、急に読みたくなったのが【壊色】。

これには、前半は詩やエッセーのような短編。
そして後半が、エッセー。
私はなぜか急に、町田町蔵氏のエッセーが読みたくなったのだ。

ちょっと腹立たしいコトが起こり、かなり久しぶりにストレスを感じたせいかもしれない。
このストレスと怒りをどうすれば?

そんな時は、パンクだわ。

てことで、読み始めたのが、
まさか歯列矯正にまで影響するとは思わなかった。

壊色 (ハルキ文庫) 壊色 (ハルキ文庫)
(1998/08)
町田 康

商品詳細を見る

とまあ、そんなこんなで、
矯正器具は、歯の前方に装着ということで決定する。

今週の火曜日、てことはあさってになるのだが、
まず噛み合わせの癖を調べるために、下の歯に針金を装着するとのこと。

センセイ曰く、
「患者たちが皆、口を揃えて言うのは、これが一番痛い!と言ってた」

[emoji:i-282]

私の歯列矯正に大反対してたオカちゃん。
「痛み」にとーっても弱いため、
私の痛みでさえ我慢できずに大反対してくれたオカちゃん。

あさってが一番、痛いんだって。

だからあさって、どんだけ痛いかメールするから、読んでね。
返事はくれるのかちら?

画像 
 ←コマメにテンポヂッと押して貰えると励まされます

画像

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする