【 猫 】サンご対面・ポヂバージョン

サンのお腹にいた小人たちも全滅したであろう今日。

部屋から出せ~出せ~とうるさかったサンを、ようやく出すことにした。

マジ、うるさかった……

これでようやく、玄関脇の部屋も掃除できる。

洗濯、掃除、すべて終えて、サンを部屋から出す。

部屋の中では、サンが入り口のところで待ち構える。

taimen1.jpg

 毛刈りされた腿
 坊ちゃん刈り

taimen4.jpg

 外では何も知らないポヂ

taimen2.jpg

 出てきたサン
 わっくわく♪

taimen3.jpg

 ん?

taimen5.jpg

 …………

taimen6.jpg

 誰?

taimen7.jpg

 ダレ??

この後、ポヂが「シャー!」とサンにツバを吐きかけ……

逃げる。

taimen9.jpg

 だれ???

サン、そんなポヂにおかまいなし。

taimen10.jpg

 マメテンポヂの
 リビングトイレ点検

taimen11.jpg

 入っちゃってるし

taimen12.jpg

 だから、ダレ????

その後、ポヂは。

taimen13.jpg

 一定の距離から見つめ

taimen14.jpg

 上からも見つめ

taimen15.jpg

 疲れて横たわるサンに接近

自分も横たわり、リラックス感をアピールするポヂ。

少しずつ手を伸ばすも、結局、触れず。

taimen16.jpg

 部屋へ戻るサンを見送り

taimen17.jpg

 ぐったり……

狭い一室から出してみて分かったコト。
それは。

サンの目は、見えていない。

ポヂが最初に「シャーッ!」と言ったとき、ポヂはサンの横側にいた。

その後、真正面にポヂが現れた途端、
サンが「シャーッ!」と怒った。
反射でポヂも「シャーッ!」となる。

そうなっても所詮、家ネコたち。
「シャーッ!」と言い合っても「大丈夫?」と我らが声をかけると気を取り直す。

サンは片目で、それも少しの隙間からしか見ていない。
推測するに、ぼんやり輪郭だけが見えているのではないだろうか。
当然、視野も狭いだろうから、目線から上は見えない。
おもちゃで遊んでいても、すぐ見失う。

どうりで。
我ら人間が2人揃うと、仰天したように逃げていくサン。
おそらく、1人しか認識できないようだ。
声や雰囲気で理解はしているが、我らの顔はおそらく分かっていないだろう。

それと。
点検隊は、やはりポヂ。
マメテンは、寝床から顔すら上げない。

「新人の教育は、若手のおまえがやっておけよ」

命令されたかのようにポヂは、サンに張り付いていた。
相変わらずの仕事熱心。

サンを部屋から出せただけで、とても楽になった我ら人間。

来週、抜糸が終わったら、さらに楽になる。

やれやれ。

サンはこの後、興奮してちっとも寝ない。

やっぱり、うるさいのでアル。

画像 
 ←ポヂッと押して貰えると励まされます

画像

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする