【 猫 】ポヂwork・教育編

サンの様子がだいたい分かってきたポヂ。

サンが追いかけてきても、すぐ壁に激突して追いつかれないことも。

サンを思い切り叩くと、3本足でバランスが取れず、スッ転ぶことも。

サンがエキサイトすると、噛みついてくることも。

それらを理解してきたポヂ。

そろそろ、教育的指導が始まるか。

※最後に私の怒り声が入っているので音声注意���ӏ���

動画画面が出てない場合はコチラから

ポヂ先生、逃げてるし。
しかも、噛まれて。

大人ネコは、どうしても小さいコには手加減してしまう。
チビッ子相手に本気を出しちゃイケナイという決まりが、
遺伝子に備わってるのか?

日々、こんな調子でポヂはサンを教育。

……

ポヂ先生。

そんなところまで?

podikyouiku1.jpg

ポヂ先生の指導のもと、粗相をせずに済んだサン。

目がよく見えないサンは、動くものを『獲物』と捉えている。

気長に教育してくれたポヂのことを、
最近ようやく『獲物』と見なさなくなったらしい。

サンの『獲物』ではなくなったポヂ先生。

やっぱり夜はグッタリなのだ。

podikyouiku2.jpg

雑誌の上だろうがリモコンの上だろうが、どこでもバタンキュー。

リモコンが見当たらない場合は、大抵、ポヂの腹の下。

画像 
 ←ポヂッと押して貰えると励まされます

画像

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする