今さら【4ヶ月、3週と2日】

近年観た映画の中で、これは3本の指に入る秀作だった。

【4ヶ月、3週と2日】

2007年カンヌ国際映画祭、パルムドール(最高賞)受賞作
監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ

【ストーリー】
1987年のルーマニア。
妊娠した友人のため、
違法な中絶手術を受けさせようと奔走する、
女子学生の辛く長い1日のお話。

4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD] 4ヶ月、3週と2日 デラックス版 [DVD]
(2008/09/10)
アナマリア・マリンカローラ・ヴァシリウ

商品詳細を見る

この監督は女性。
当時のルーマニアの女性たちの現状を訴えるのに、
ドキュメンタリータッチで表現したという。
なので、分かりやすい説明は一切ない。
だが、観ていくうちにちゃんと理解でき、
その上、かなり感情移入してしまう。

当時のルーマニアは、シャウチェスク政権。
独裁国家。
平和な我らからは想像できない、
とんでもない要求を呑むしか方法がない国だったということが、
彼女らが受けるヒドい仕打ちでよく分かる。

クライマックスでは、とてつもない緊迫感が伝わってくる。
電灯のない闇の街。
走り回る主人公の息づかい。
あー見つかったらどうしよう!

見終わった後は、なんて言えない気持ちになったけど、
いいモン観させてもらった~
という感じになった。

オット君なんて観終わった途端、

「だからそれは
 高い場所からダストボックスに落とさなきゃダメだっつってるダロッ!」

友人にそう怒りたかったらしい。
私だって思ったよ、この友人。

誰の為にこんな目に遭ってンだと思ってる?
おまけに、そこでレバー食べるかなぁ?

ここまでハラハラしてしまったのは、
この主人公が親切で正直で常識的な人であり、
ワガママ勝手な嘘つき友人に振り回されるため、
観てる側は思いっきり感情移入してしまうワケなのだ。

この映画のスゴいところは、
この友人みたいな人は、絶対こういうコトしか言わないしやらないゾ!
という、その言動と行動のブレのなさだった。
人間として一貫してる。
実際にこういう人を知ってる気がする。
さらに、この友人が主人公より可愛いってとこがまたリアルだもの。
その人物描写に感心しまくり。

それと、中絶手術をしてくれる闇医者。
この医者ったら、まったくもって鬼畜なのだが、
彼のバックボーンが数分間で描かれており、
そこにはヘビーな生活も窺える。
でも鬼畜。

抑圧されるということがどういうことか、
肌で感じれたように思える作品だった。

テーマは全く違うが、
生きて行く残酷さを感じられるという意味で、この映画を思い出した。

【しあわせな孤独】

私の中では、同ジャンルに入る。

しあわせな孤独 [DVD] しあわせな孤独 [DVD]
(2004/07/02)
ソニア・リクターマッソ・ミケルセン

商品詳細を見る

婚約者が交通事故で半身不随になり、
そこから被害者カップルも加害者家族も散々なコトになっていくんだけど、
私が『情念』というものを持ち合わせていないせいか、
情念ドロドロ物語にとても惹かれてしまうのである。

これも3本の指に入る作品。

まさか。
私ったら、どれもこれも3本の指に入ってるんじゃ?

まあ、好きな映画に所詮、順位なんて決められないのだ。

ちなみに。

【ツレがうつになりまして。】
1話は良かった、
2話、急激に失速。
3話も最初は失速のままか?と思ったが、
ツレの心情のシーンがやっぱり良かった。

心に迫るシーンやセリフが1つでもあれば、
そのドラマは成功だと私は思ってるので、
このドラマも良かったのではなかろうか。

うん。

bt.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする