リビング二交代制【夜】

サンの「ごーはーんっ!」攻撃の声を聞き、
マメテンポヂが、わらわらと出てくる。

サンのギリギリ登れない高さまで、
降りてくる。

ご飯のことで頭がいっぱいのサンは、
老猫たちが近くまで降りてきても、
今は関係ない。

あの小っさな脳みそは、
一つのことしか考えられないのだろう。

……
私と一緒って?
誰?言った人!

朝同様、ご飯は玄関脇の部屋で食べるサン。
私がカリカリを持って行こうとすると、
誘導するように走る。

はりきりサン。

PM5:30

koutaisan2_convert_20090812151951.jpg

 ご~は~んっ

koutaisan3_convert_20090812152004.jpg

 あ、そっれ

koutaisan4_convert_20090812152019.jpg

 ご~は~んっ!

koutaisan5_convert_20090812152030.jpg

 さあ、撫でろ

なぜだかサンは、
ご飯を食べる前に必ず、
撫でることを要求する。

保護したばかりの時、
撫でながらご飯をあげていたからか?

それとも、
玄関脇の部屋を
『撫でさせる部屋』
とでも思っているのか?

不明だが、日課。

不思議な日課。

koutaisan6_convert_20090812152041.jpg

 至福の時

その頃、リビングでは。

あ~
ゴメンゴメン。

koutai4_convert_20090812152058.jpg

 ……

後回しにして悪かったね~。
チビには内緒で、
カリカリの他にトロ~リレトルトもあげるから。

と思ったら。
玄関脇の部屋にいるくせに、
なにやら匂ったようだ。

「オレもーーーー!」

ああなると、うるさくてしょうがない。
ご近所さんにも迷惑だ。
ただこれ以上、たっぷんサンになったら困るので、
ものすごくちょっとだけあげる。
レトルトを一口食べると寝る時間だと思ってるらしい。
アッと言う間に静かになる。

全ての猫、食事終了~。

再び、
マメテンポヂの、
リビングまったりタイム開始。

nikoutai2_convert_20090812152136.jpg

 こねはちマメ

nikoutai3_convert_20090812152148.jpg

 デカ尻テン

nikoutai4_convert_20090812152159.jpg

 クッション
 独り占めポヂ

PM8:00

オレ起きたー!
オレ起きたー!!
オレ起きたー!!!

寝ていたサンが起きて、再び騒ぐ。
ここでまた交代。

マメテンポヂは、
またまた寝室の高いところに。

リビングに出てきたサンは朝同様、
老猫らの食べ残しをチェック。
だから、ないってば!

リビングにいる時は、ほとんど声を出さないサン。
鳴く時間、鳴かない時間、
メリハリのある生活。

あんなに騒ぐ猫のくせに、
あんまり静かなので探してみると、
大抵、コッソリ悪さ。

それは、相変わらずのゴミ箱漁り。
まだまだ続くサン・ブーム。

PM11:00

そろそろおネムのサン。
寝室に行きたい。

行けばいいのに、
1匹では行かない。

nikoutai5_convert_20090812152210.jpg

 オレ寝るー!
 ごはんーっ

玄関脇の部屋でサンを寝かすことにした際、
数粒のカリカリで部屋へおびき寄せ、
それで寝かせていた。
そのせいで、

カリカリ食べて寝る!

あの小っさい脳みそが、
シッカリ、そう覚えてしまった。

はっ�E�E�E�B

これが原因か?
サンのたっぷん腹。

そいつは困った。
う~ん
カリカリを1粒に減らそうか。
それでおとなしく寝るだろうか。
う~ん

人のそんな心配をよそに、
グースカかよ

nikoutai6_convert_20090812152222.jpg

 マイペース・サン

うさぎちゃんがくれたベッドからも、
はみ出すくらい大きくなったサン。

我が家はこのように狭い室内を駆使して、
なんとか共同生活をしてもらってる。
時間にすると、
ほぼ12時間ずつリビングを交代で使っていることになる。

サンの出し入れ、
最初はめんどくさかったけど、
いい加減、慣れてきた。

サンには早く大人になってもらいたい。
それよりも、あの叫び声だ。

明日もうるさいンだろ~な~。

ご近所さん、
怒ってるだろ~な~。

いつ、面と向かって怒られるンだろう……

bt.jpg

 ←タバちゃん、ジリジリッと狙うはトップテン?

クリックしてくれた方、ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする