ステレオ猫族

我が家の扇風機狂が近頃、
ステレオ狂と化している。

「ステレオがね」
これを枕詞にしないと喋ることもままならない。

そんなステレオ狂が我が家に持ち込む
古~いステレオの数々。

その、ほとんどが使えない。
回転数が遅くて遅くて、
ジョン・レノンの声も太くて太くて。

それらを使えるようにステレオ狂君は、
日々、ステレオをバラしている。
そのバラされた、中身がなにもない外枠だけが、
我が家に持ち込まれているのだ。

これを意外に喜んでいるのが、

お猫様たち。

ちょうど窓枠ぐらいの高さがあり、
ここでべローンと寝転がれば、とても涼しい。

JAWS・サンに噛まれることもなく
DV・サンに襲撃されることもない。

サン解放時間帯の、
マメ用安全地帯にもなる。

sutereo5_convert_20090824125507.jpg

 レコード聴けない
 ステレオ

 猫が爪研いじゃって、
 発狂してたステレオ狂

登れないサン。

ガン見。

登って来られないとはいえ、
目玉ナシの目で延々のガン見は、耐えられそうにないマメ。
顔がイヤだと言っている。

マメ、5分ともたず寝室に避難したが、
でもまあこんな感じで、
お猫様らは登るのであろう。

そう思っていたら…

sutereo1_convert_20090824125412.jpg

 えっ?

sutereo2_convert_20090824125428.jpg

 下???

sutereo3_convert_20090824125442.jpg

 ……

sutereo4_convert_20090824125454.jpg

 んっ?

木陰気分か�I�H

これが我が家の、ステレオ使用法。

ステレオ狂に火がつかなければいいけど…

bt.jpg

 ←お後が宜しければポチッとね

いつも応援ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする