獣医師の仕事

去年の今頃。

我らがサンを発見し、
大わらわだった去年の今頃。

あれから1年。

サンの手術した脚はすっかり綺麗になり、
ぷくぷくとお肉も付いている。

こうなると、
しみじみ感心する。

獣医さんの仕事ってスゴいなぁ。

脚の骨を切る手術自体はもちろんのこと、
クオリティという意味で感心するのは。

柄。

ここに横たわるは、すっかり猫肥ゆる秋のサン。

jyuui1_convert_20090927125749.jpg

 たっぷん
 たっぷん

大腿部の皮を剥ぎ、筋肉を剥ぎ、骨を切ったら、

筋肉をつなぎ合わせ、皮をつなぎ合わせた大手術。

jyuui2_convert_20090927125803.jpg

 広範囲で
 切り貼りしたにも
 かかわらず

jyuui3_convert_20090927125816.jpg

 柄がちゃんと
 つながってる

私的には、
柄がちぐはぐになってても、
それはそれで楽しかろう
という気持ちもなくはない。

だがそれは、
獣医師が許さないだろう。
(オット君もだ!)

柄を合わせることも仕事
と思ってるはず。

「皮をここまで巻き込んだので、
 毛が生えたらキレイになりますよ」

そう言われた時はピンとこなかったが、
皮の状態で柄を合わせるなんて、
よくよく考えればスゴすぎる。

おできみたいになった縫い跡も、
「絶対、消えます!」
と断言。

はい。
綺麗サッパリ消えました。

jyuui4_convert_20090927125830.jpg

 おかげで
 首がなくなるほど
 肥えました

jyuui5_convert_20090927125843.jpg

 サン専用
 入れモノ器

信頼できる
かかりつけ獣医師、オトコマエ先生。

素敵な仕事っぷり。

bt.jpg

  清きぽちのお願い

いつも応援ありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする