やっぱり叱られて…

先日、サンがヘビのように柵越えをした。

それは老猫らがとても困るので、
あれから柵を高くした。

サン、登れなくなった。

と思いきや

早朝、老猫らの雄叫びで目が覚める。

そう。
サンが、高くしたはずの柵を再び越えてしまったのだ。

一度、柵越えをしたサン。

「オレ、コエラレル!」

あの小っさい脳みそに刻み込まれてしまったのだ。

恐ろしいことに、いくら柵を高くしても、
「オレ、コエラレル!」
と思いこんでいるので、
いくらでも越えられてしまうようになってしまった。

もう、どうすればいい?

動画画面が出ない場合はコチラから

サンが憎くてたまらないマメテンに応援 [emoji:i-192]を

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする