新たな一面

オット君の姪っ子が泊まりにきたことで、
我が家のネコらの知られざる一面を見た。

サンの弱点も予想以上だったが、
マメテンは、共通して予想外だった。

マメとテンは、
玄関のピンポンが鳴るだけで、いつもすっ飛んで逃げていた。
なので、よその人間が恐いもんだとばかり思いこんでいた。

のだが?

kyaku1_convert_20100207135719.jpg

 何の躊躇もなく
 横に座ったり

kyaku2_convert_20100207135731.jpg

 何の躊躇もなく
 すり寄ったり

※イメージ画像
 モデル:オット君

とまあ、飼い主にすることを姪っ子にもしていたので驚いた。
姪っ子も満更ではなさそうだったので、まあ良かったよ、と思った。

我ら飼い主の当初の予想では、
マメとテンは出てこないんじゃなかろうか?
でも、ポヂはフレンドリーだから、接客部長はポヂで問題ないね、
ということだった。

ところがところが。

問題ないはずのポヂが、これまた一番の予想ハズレ。

姪っ子の顔を見た途端、

「シャーッ

と言った。
それもポヂだけ。
あんなに温厚なポヂが……。

しばらくしたら、怒ることはなかった。
姪っ子が触ってもジッとしていた。
ジッとしていたが、
私から見えたポヂの顔はこんなだった。

kyaku3_convert_20100207135742.jpg

 息、止めてる感じ?

長年、一緒にいても分からないことイッパイ。

マメテングループとポヂサングループ。

このグループ分けは、
野良時代が長かったネコとすぐ拾われたネコ。

生い立ちがこんなふうに表現されるとは。

愛想が良いネコにも悪いネコにも応援

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする