叱咤激励?

朝、目が覚めると、
枕元には毎朝、必ず、テンがいた。

テンが死んだ翌朝。

当然、そこにテンはいない。

その代わりに、
いつもなら絶対ベッドにいないはずのコが、
そこにいた。

ポヂ。

私はすでに起きていて知らなかったが、
ポヂが珍しくオット君の隣で寝ていたらしい。

テンがいなくなったことを思い知らされた朝は、
ポヂがそこにいてくれるだけで、慰められる。

「ポヂ~そばにいてくれたんだ~」

オット君は、甘えた声でポヂにすがりつく。

すると……

ビシッ[emoji:i-197]

かなり強く、本気で叩かれたらしい [emoji:v-217][emoji:e-329]

ポヂのパンチは、早くて重くて痛い。

おそらく、こんな感じだったのだろう。

panti1_convert_20100314160402.jpg

 メソメソ

panti3_convert_20100314160425.jpg

 すんなっ[emoji:i-197]

panti4_convert_20100314160436.jpg

 …… [emoji:v-359]

朝食を作りながら泣いていた私だったが、
起きてきたオット君からこの話を聞いて、
かなり笑った。

そして、判った。

テン子の死は、
他のcat’らには一切、関係ないのだ。

それはそれは、見事なくらいに。

オット君がウザかったポヂに応援を [emoji:i-192]

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする