血便

ある日mame_convert_20100519114716.jpgから血便が出た。とはいえmame_convert_20100519114716.jpgも17歳の
おジイネコ。に血が付いてたのを発見し一瞬ギョッとしたものの

「うわっうわっう~」とエビ反ることはなく、ジッとを見つめて
アレコレ思いを巡らせておったのである。というのも最近のmame_convert_20100519114716.jpg
の大食いときたら半端ねぇ~って感じだなのだ。カラダの大っきなあ
poji_convert_20100519120822.jpgでさえ猫缶1缶も食さぬというのにmame_convert_20100519114716.jpgとき
たら3缶も食するのである。そしては日に2回も執り行われるので

あるから、そりゃあ血便も出るであろうというのが血付きを凝視し

て出した結論であったが、そこはやはり心配なので翌日早速オトコ前
獣医先生の元へmame_convert_20100519114716.jpg乗せ自転車を走らせた。すると診断結果は
やはりのし過ぎ。粘膜が切れて血がに付いたのだと言う。深刻な

病気じゃないのは良かったがのし過ぎってどうよ?とさすがにぼんや
りしてしまう。ある時から食が不安定になったmame_convert_20100519114716.jpgをこれ以上
痩せさせるわけにはいかぬ!と思ったタマは食したいものを食したい
だけ与えることに決めたのだが、オトコ前先生が言うには「mame_convert_20100519114716.jpg
チャンはどうやら缶詰だと栄養を吸収しにくいのでしょう。カリカリ

を食べないなら缶詰にカリカリを混ぜてあげてください」と言われ、さ

らに「食べなくなるコが多いのに『くれぇくれぇ』というコは本当に
飼い主孝行なコですよ」とまで言わしめた食欲王mame_convert_20100519114716.jpg。飼い主
タマも「ありがたや~」とmame_convert_20100519114716.jpgに感謝しながらカリカリを缶詰
に混ぜ、日々その配合の研究にいそしんでおったある日。相も変わら
ず「くれぇくれぇ」のmame_convert_20100519114716.jpgの叫び声を後回しにし、もっとヒド
い「くれぇくれぇ」怪獣sun_convert_20100519123324.jpgのご飯したくに追われていたとこ
ろ、なんとmame_convert_20100519114716.jpgpoji_convert_20100519120822.jpgのカリカリを普通に食してる
ではないかーその光景を目の当たりにして「騙されていた」と
ガックリするタマに気づいたmame_convert_20100519114716.jpgは急いでやって来ると「くれ
ぇくれぇ」とタマの顔に向かって叫ぶのであった。それはそれは臭い

息なのであった。そしてタマが見ているとやはりカリカリは食さず缶

詰を「くれぇくれぇ」と近所中に響き渡る声で、あたかも虐待されて

いるかのような声で泣き叫ぶのである。朝晩こんな騒ぎの中、目を離
すとすぐmame_convert_20100519114716.jpgpoji_convert_20100519120822.jpgのご飯を横取りして注意されて
いたten_convert_20100519124114.jpgがいなくなったことが意外にもタマの負担を少なくし
てくれてたと気づく今日この頃であった。幸いmame_convert_20100519114716.jpgは日に
1回と減り、血便も出なくなったので缶詰とカリカリの配合は続けて
おるがmame_convert_20100519114716.jpgの『本当はカリカリだけでもいける疑惑』は残った
ままなのだ。

三昧な記事に応援

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする