尻毛祭り


2年くらい前、
タマホームは猫ご飯ジプシーになったことがあり、
cat’ら審査の結果、カリカリが決まった。

それからずっと、そのカリカリで落ち着いていたのだが、
テン子姐さんご飯窒息死事件で、カリカリを変えた。
年寄りには粒が大きかったのだ。

F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)
毛玉対策
粒の小ささ等厳選した結果、今はこれに落ち着いている。

マメポヂ用

サン用

メディファス毛玉サポートに替えてから約4ヶ月。
変化が出た。

ポヂの

大惨事の巻。

いや、ポヂのカラダを思えば、
とてもとっても良かったコトなのだ。
しかし、タマからしてみれば大惨事。

毛玉対策バッチリだったようで、毛がとなって排出された。
しかしそのは、毛がみっちりと詰まってるので、
すんなり出きらなかった模様。

ね?
大惨事だろう。

kematuri2_convert_20100621124029.jpg

 ポヂの尻毛は
 わっさわさ

そう……
ここに
ベッタリのギッシリの巻だったのである。

ベッタリギッシリを取りたいのだが、ポヂには大事な場所。
おいそれと触らせてはくれない。

自力で何とかしたいポヂは、床に尻をこすりつける。
毛玉みっちりの抵抗も強い。取れない。
こすりつける。
、取れない。
タマ、大惨事

大惨事を拡大させないためにポヂの尻毛を切る決断をするが、
触られたくないポヂは尻尾で抵抗。
タマの顔に……

kematuri3_convert_20100621124038.jpg

 尻尾バッサー

kematuri4_convert_20100621124048.jpg

 尻尾ボッサー

この尻尾ブンブン、かなりキツイのだよ。
口に毛が入るわ顔がカユいわで、もー。

尻尾と格闘すること30分。
やっと付き尻毛を切る。

イヤがってたポヂもが取れたのは分かったらしい。
気持ち悪さもなくなったらしい。
しかし、大事な場所に何かやられたコトが腑に落ちないらしい。

kematuri5_convert_20100621124058.jpg

 ジャイアント
 ロボの目

kematuri6_convert_20100621131925.jpg

 この目

腑に落ちないと、すぐこの目になるポヂ。

そういえば、野良猫あがり当初、
しばらくの間、ポヂはこんな目をしていた。

今は、尻毛を切った時だけ見られる。

現在、ポヂの尻毛は坊ちゃん刈り。

「シリゲシリゲって、どうよ?」と心配のあまりジャイアントロボの目になっているタマに応援

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする