真のお坊ちゃま君

 
水飲みやら朝5時半やら、
いろいろなお坊ちゃま君が出てきた。

しかし、
真のお坊ちゃま君とは、
ただ居るだけで真のお坊ちゃま君なのだ。

ゆったりしている。
大らか。
まぐろを横取りされてもぼ~んやり。

これぞ、真のお坊ちゃま君であろう。

その名も、ポヂお坊ちゃま君。

ただ、このお坊ちゃま君。
ツラい野良猫時代もあった。
お坊ちゃま君なりに、やらねばならぬ時もあった。

その結果。

mimikiba1_convert_20101027140522_20101027140653.jpg

 左耳が

mimikiba2_convert_20101027140533_20101027140652.jpg

 噛み
 ちぎられてる

タマは1度、
野良時代のこのお坊ちゃま君がケンカしてるのを、
見かけたことがあるよ。

取っ組み合った途端、
毛が大量に抜けて、
宙を舞ってたよ。

やる時はやってたよ。

さらに。

ネコの牙は、トキーンと尖っている。
このように。

mimikiba3_convert_20101027140541_20101027140652.jpg

 ※参考資料

mimikiba5_convert_20101027140557_20101027141126.jpg

 しかし
 お坊ちゃま君の
 牙は

mimikiba4_convert_20101027140549_20101027141107.jpg

 先が折れてる

そんなこんなを経て、
猫一倍おっとりでいられるポヂこそが、
真のお坊ちゃま君でしょう。

ケンカ相手を噛んでやったんだね?

牙、折れるくらい噛まんでも。

生きるって大変!とつくづく思うタマに応援

いつもありがとうございます!@

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする