夏の風物詩

タマは個人宅配を使っている。

食材を入れる箱は次の宅配日までベランダに置いてある。

宅配が来る日は、この箱を玄関に出しておかなくっちゃ。

と、ベランダに箱を取りに出ると。

こ、これは…

例のアレではないか!

semi1_convert_20140820160317.jpg

 セミダメシ 2014

おそるおそる菜ばしでひっくり返す。

やっぱり試されていた。

ヂヂヂヂヂヂっ!
カサカサカサカサー!!

テリトリーでこんなワクワクする音が聞こえた暁には。

semi2_convert_20140820160329.jpg

 見えずとも
 すっ飛んでくる

semi3_convert_20140820160340.jpg

 サンのエネルギーを
 感じたのか
 女子もやってきた

この女子が蝉に興味をもつと大惨事になるな〜。

と心配したのもつかの間。

semi4_convert_20140820160500.jpg

 場所を横取りした
 にもかかわらず
 蝉に気づいてない

どうやら音を聞き逃したようだ。

見えないモノが気づいて
見えるモノが気づかない
この不思議。

見えないモノがこの後、えんえん見えない目で見張ってました。

semi5_convert_20140820160523.jpg

 こちら
 まったく
 興味ないそうです

【後日談】
あの後、蝉はいなくなった。
と思ってたら翌々日。

休暇を取ったオット君がサンの異変に気づく。
ん?
サンの顔が変だぞ?
んんん??

何かくわえてるー!

見張った甲斐があったらしく、サンが弱った蝉をくわえていたそうな。
甘噛みだったらしく、死んではいなかったそうな。
慌てて取り上げ、隣の庭に放り投げたそうな。
ヒュ〜と力なく落ちていったそうな。

タマの留守中、なぜかオット君が遭遇している。

マメmame_convert_20100519114716.jpgがスズメを捕まえてきた事件現場に。

テンten_convert_20100519124114.jpgが蝉を捕まえてきた事件現場に。

いずれも甘噛みで、逃がしたらしい。

いつも褒めて取り上げるのに、
サンを褒めるのを忘れてしまったそうな。
サンはなんにも気にしてなかったそうな。

菜ばしはちゃんと洗ったタマに応援セミ、ナ~ム~

nekobana_convert_20110824162541.jpg

見に来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする