人慣れしてない保護猫の迎え方【ごはん編】

タマホームではこれまで、拾ったネコとは全て一緒に暮らしてきた。

よって、今回が初の里親募集だった。

しかも、いきなり5匹。
その中であかりちゃんしか人慣れしてない。

他の4きょうだいは「そんなに?」って呆れ…いや、感心するほど
野良ママの教えをシッカリ守って警戒態勢万全。
野良のコってこんなんなんだと、よーく分かった。

そこで、人慣れしてないネコをどのように迎えたかをまとめてみました。

まず、おうちに迎え入れた初日は、だいたいこんな顔をしてる。

syoniti1_convert_20160420124358.jpg

 モデルはマロン

 たまけもの初登場
 が、このお顔

syoniti2_convert_20160420124412.jpg

 迎え入れた
 初日はたいへん
 疲れてるので
 布ですっぽり
 覆って
 休ませます

※モデル 胡春

syoniti3_convert_20160420124424.jpg

 誰からも
 見られてないと
 ちょっとだけ安心

※モデル あんず

そして翌朝。
ご飯は食べてるか。
トイレはしてるか。

syoniti4_convert_20160420124436.jpg

 それが
 確認できたら
 布を取って
 人間の気配を
 イヤでも
 感じてもらう

タマホームではソファの隣にケージを置いた。
なぜなら、ネコは人間と目を合わすことなく人間を観察できるから。

人間の方で苦労することは、ネコの目を見つめないことだった。
ついつい見たくなっちゃうけど、
目をジーッと見られるとネコはただ怖いだけ。

見るときは眉間の辺りを見て、ネコがよそ見してる隙に目を見てた。
難しかった〜。

ともあれ、ご飯を食べるならひと安心。
積極的にスキンシップをはかります。

このスキンシップをはからずケージから出すと、馴れるのに時間がかかる。
いずれは馴れるけど、触られても怖くないと教えたほうが早い。
シャー!って言われても、かまわず触る。

syoniti5_convert_20160420124448.jpg

 いきなり
 顔は触らない
 しっぽのつけ根が
 気持ちいい

※モデル 胡春

syoniti6_convert_20160420124500.jpg

 腰を
 触り馴れたら
 噛まれるの
 覚悟で
 顔も触る

1回噛ませておくと、ネコはたいてい安心する。
噛むといってもちょっと強めの甘噛み。

顔を触るとき、手を軽くグー状態にしたほうが良い。
指先を顔に向けて近づけられるのは人間でも怖い。
ネコはもっと怖い。

syoniti7_convert_20160420124511.jpg

 タマホームでは
 いつも
 オット君が
 噛まれる係

別に噛まれなくても馴れます。
要は「噛まれても攻撃しないよ」ということをネコに伝えるだけ。
これがわりかし、ちゃんと伝わる。

ただ、この方法がすべてのネコに通じるかは不明。

そのうち、ご飯を持って行くと。

syoniti8_convert_20160420124526.jpg

 扉の前で
 待ち構える
 ようになる

syoniti9_convert_20160420124543.jpg

 そうなったら
 扉から出て
 食べてもらう

syoniti10_convert_20160420124555.jpg

 そして
 扉はもう
 開けっ放しに

 出入り自由ですよ

syoniti11_convert_20160420124607.jpg

 すると
 お気に入りの
 場所を
 勝手に見つける

こうなった頃には、ご飯の準備をしてると近寄ってくる。

syoniti12_convert_20160420124618.jpg

 ご飯の時も
 触る

最初はすぐ逃げるので、深追いはしない。

毎回触ってると、そのうち逃げずに食べ続ける。
ふた撫でぐらいしたら触るのやめます。

人慣れしてない時期は、おやつもいいかと思います。

syoniti13_convert_20160420124630.jpg

 人間といると
 美味しいなって
 思わせる

こんな感じで、1ヶ月も経てばこれぐらい触れるようになります。

次回は【遊び】での馴れさせ方。

もしかしたら、ご飯より有効かもしれない。

触れるまでの過程がオモシロかったタマに応援ナレナイタイドモ、オモシロカッタ

nekobana_convert_20110824162541.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする