保護猫の家猫修行終了!【黒猫のトリ】

8月中旬には抱っこが我慢できるようになったトリ。

5秒間だけだったけど。

今現在、抱っこしたまま部屋を移動しても、
おとなしくしてられるようになった。

ちょっと嫌がるけど、爪も切った。
ブラッシングなんて大好き。
これなら病院も、ネットに入れずに連れていける。

ここまで至った経緯とは。

さかのぼること8月初旬。

その日、トリと花はケージに入って家猫修行をやり直したのだった。

huri1_convert_20160907160045.jpg

 それまでは
 子猫部屋で
 家庭内野良を
 やってました

huri2_convert_20160907160058.jpg

 8月2日
 簡易ケージに
 入れられ
 リビングで
 過ごすことに

huri3_convert_20160907160109.jpg

 大好きな
 花兄ちゃんと
 引き裂かれて
 この顔

一晩鳴いたけど、ご飯は食べた。
オモチャで遊ばせたら、簡易ケージの中でもジャンプ!

一日中クーラーをつけっ放し、さらに冷え冷えマットを敷いたけど、
中は暑いんじゃなかろうかと心配が尽きない。
そこで。

huri4_convert_20160907160120.jpg

 8月15日に
 DIYケージ完成!
 簡易ケージより
 少し広くなるも
 兄妹のふぅに
 ちょっかい
 出されて

huri5_convert_20160907160131.jpg

 やっぱり
 まだ
 こんな顔

huri6_convert_20160907160142.jpg

 それでも
 遊びとなると
 大はしゃぎ

数日で、指を差し出すと顔をスリスリ押しつけてくるようになった。

そこで抱っこの練習。

抱っこしてケージから出す。
当然ジタバタ暴れるので、すぐケージに戻す。
この後すぐオモチャで遊んであげて、怖いと感じた記憶を消すのだ。

これを1日1〜2回繰り返す。
抱っこした時のジタバタがなくなれば、一室フリーにしようと決めていた。

huri7_convert_20160907160152.jpg

 ある時ふっと
 トリの雰囲気が
 変わった
 言葉で説明
 できないけど
 ああ、もう大丈夫
 そう思える日が
 やっと来た

抱っこをしても暴れない。
ということで。

huri8_convert_20160907160203.jpg

 8月23日に
 子猫部屋へ戻り
 一室フリーに

 扉を開けて
 いつ出るかは
 トリにおまかせ

huri9_convert_20160907160215.jpg

 しばらく
 躊躇してたけど
 数歩ずつ
 出たり入ったり

huri10_convert_20160907160225.jpg

 ケージに
 入る前にいた
 部屋だから
 すぐ動き出す

huri11_convert_20160907160237.jpg

 それでも
 点検に
 余念がない

huri12_convert_20160907160248.jpg

 あとはもう
 思いっきり
 遊んで
 走って
 ジャンプして

huri13_convert_20160907160259.jpg

 なまった
 カラダを
 戻さないとね

人間はもう怖くないし、
もっと遊びたいし、
そうなると好奇心も出てきて自己主張もし出す。

8月28日
子猫部屋から出るって言うから、
狭いマンションの全室をフリーに。

huri14_convert_20160907160311.jpg

 黒いのを
 見つけた糸は
 「は? 
 出ていいって
 アタシ
 言ってないよ」
 と怒鳴ってたけど
 それどころじゃ
 ないトリに
 完全無視される

huri15_convert_20160907160322.jpg

 ネコが
 必ず入る
 こね鉢にも入り

huri16_convert_20160907160333.jpg

 気になる
 ところは
 全部チェック

huri17_convert_20160907160344.jpg

 窓の外も
 見られたね

4兄妹の中で一番おだやかでおっとりしてるトリだけど、
意外と肝が据わってることが分かった。

お兄ちゃん風を吹かせてた花は、
まだまだビビっておるのでケージの中。

抱っこがまだ10秒が限界の花に応援イチバン、ビビリダッタワ

nekobana_convert_20110824162541.jpg

見に来てくれてありがとう

トリの里親さん大募集 ペットのおうちの募集はコチラ
           ネコジルシの募集はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする