茶トラは神経質

保護した花を初めて病院へ連れて行った時に言われた。

「茶トラは神経質だから」

その一言で、これまでの疑問が一気に解決した。

どうりで糸がめんどくさかったワケだ。
すべては神経質のなせる技だったのだ。

どうりでどうりでどうりで…

まず思い当たるのが、前回の保護猫『あんず』にビンタ。

今回の保護猫『花』にもビンタ。

新人にはビンタしまくりの糸だったのが。

sinkei1_convert_20161108164355.jpg

 おとなしい
 トリとは
 上手くやって
 いけそうか?

sinkei2_convert_20161108164418.jpg

 いーや
 茶トラは
 神経質だから

sinkei3_convert_20161108164432.jpg

 これだけの
 接触でも
 アブナイ

sinkei4_convert_20161108164442.jpg

 シッポ
 触ンなや!と
 一見
 遊んでるふうに
 見えるが

sinkei5_convert_20161108164451.jpg

 顔がマジ

ポヂに優しくされて育ったのに後輩には厳しい。

そして『花』も茶トラ。

すでに獣医さんから神経質のお墨付き。

ピリピリしてる茶トラなんて全く気にならない黒猫のトリに応援 クロネコ、オットリシテル

nicobana_convert_20120321170122.jpg

見に来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする