寝ずの番

サン(仮名)を、玄関脇の部屋に入れることにした。

我が家は、ドアを閉めてもネコたちが自由に出入りできるように、
ネコドアを作ってある。

……

ドアに穴を開けただけとも言う。

今回、サンがエイズや白血病などのウイルスに感染しているか
検査してもらえなかったので、
それがハッキリするまでは、それはもう念入りに隔離しなければならない。
それには、ネコドアを塞がねば。

オット君が帰ってきたら穴を塞いでもらおう。
それまでは空気清浄機を置いて、ネコを通れなくしておこう。

で、病院から戻った時のマメテンポヂの様子はどうだったかというと。

私は帰宅するなり、すぐさま玄関脇の部屋へサンを入れる。
ドアを閉める。
私は急いで、サンを触った手を洗い、服を着替える。
そのまま洗濯機を回す。
ノミの卵もついたかもしれないから、急いで洗濯だ。
すると、

「あ~ん? なんでドア閉めたん?」

いかにもそう言わんばかりに、マメとポヂがわらわらと出てくる。

いつもなら眠ってる時間帯。
いつもなら絶対、出てこない時間帯。
長~いお昼寝タイムなのに。
どういうワケか、我が家のオトコチームは、ドアを閉めることにうるさい。

それとも、なにやら異変を感じ取ったのか?
もしくは、玄関脇の部屋から「待っててね~」という私の猫なで声が聞こえたからか?

特にポヂは、私が誰かを「可愛いね~」などと褒めてると、
どこからともなくすっ飛んで来る。
「いつでも中心にいたい」
それがポヂである。

しかし今回は、私がリビングに戻ってきても、
玄関脇のドアの前から動かない。
やはり、何かがいると察知したのだろう。
縄張り意識が強いからね。
オトコだからね。

で、結局、昨日丸1日。
ポヂはろくに昼寝もせずリビングにも来ず、
サンのいる部屋の前を見張っていた。
こんなに仕事熱心だとは、知らなんだ

玄関脇の部屋に異変を感じたポヂの様子から。

mihari1.jpg

 むむ?

mihari2.jpg

 怪しい

mihari3.jpg

 ナンかいる…

こうなると、マメも黙っちゃいない。

miharu4.jpg

 臭う

マメ、そっちじゃないよ。

mihari5.jpg

 分かっとるわい

いつも通りの時間に起きてきたテン。

ドアが閉まってるので、見に行く。
しかし、ドアの近くには行かない。
やはり、異変を感じたのか?

mihari6.jpg

 あたし、聞いてないけど?

うん、言ってない。
ごめんねごめんね。

その後、お転婆テン子は、床と保護色なのをいいことに、我らの隙を狙って入室を試みる。
私は絶対、入れなかったが、ぼんやりオット君がテンを入室させてしまう。
どひーーーー!
大慌てでテンを外へ出す。
んも~。

その後、あり得ない光景を目の当たりにする。

mihari7.jpg

 見たコトのない近距離!

ひょえー
私が一緒なら大丈夫だけど、
2匹だけでこの距離は初めてみた。
あんまり驚いたんで、写メ撮ってオット君にも送る。

「ヤマトとデスラーが、白色彗星をやっつけるために協力したみたいだな」

宇宙戦艦ヤマトで例えたね。
私は分かりやすかったよ。

その後、マメとテンは時々見にいくも、普段通りの生活。
ただ、ポヂは。
これが若さか。

日中から、寝ずの番を決め込んだようす。

mihari8.jpg

夜、我らが眠る時も、全然、来なかった。

昨夜はやっぱり、寝ずの番だったのかしら?

過労で倒れなきゃいいけど……

3bikibana.jpg 
 ←コマメにテンポヂッと押して貰えると励まされます

burogmura.jpg

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする