マメベッド争奪戦【その1】

実家にいたニャーちゃんが1度も使わなかった猫ベッド。

それは結構なお値段だったのだが、ニャーちゃんはそこでちっとも眠らず、
我が母が「ここでネンネするの!」と、
嫌がるニャーちゃんをぎゅうぎゅうと押し込んだ。
御嬢様気質のニャーちゃん、当然、ご立腹
ニャーちゃんは、とうとうそこで眠ることはなかった。

そんなベッドがあったので、
マメを拾った際、すぐさま譲り受けた。

おぼこかったマメは、素直にそこでご就寝。

無事、乳飲み子時代からご愛用となる猫ベッド。

mamebed1_convert_20090727131826.jpg

 かれこれ16年前

mamebed2_convert_20090727131851.jpg

 え~ん
 かわええよ~

こんな時もあったのだよ…

こんなチビの時から愛用していたベッドを、
ヨレヨレおジイになっても愛用しているマメ。

それなのに。

マメの背後には、怪しい影が……

mamebed3_convert_20090727131909.jpg

 その名もポヂ

mamebed4_convert_20090727131928.jpg

 志村ー!!
 後ろー後ろー!!!

気づいていないマメ。

どうなる�I�H おマメの大事な大事なベッド!

bt.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする