ビフォーアフター

劇的である。

これは、かなり劇的なビフォーアフターではないだろうか。

そう、
あのエイズキャリアのタイガーおばちゃん。

好不調を交互に繰り返しながらも、少しずつ元気になってた。

不調な時は。

ビフォーアフター

 お腹は空くのに
 口内炎が痛くて食べられず
 ご飯の前でジーッと座る

この時は結局、食べるのを諦めてた。

こういう状態の時のクチ回りは。

ビフォーアフター

 細菌いっぱいのヨダレで
 毛がガビガビ

舌が潰瘍化してるのでちゅ〜るを水で薄めて飲みやすくし、それに薬を入れる。
ご飯は食べられなくても薬入りちゅ〜るを飲む事もある。

ビフォーアフター

 少しでも飲み込みやすくするため
 ご飯台を高くした

薬が飲めると痛みが治まって、またご飯を食べられる。

そんな繰り返しでやり過ごしてきたのだけど、5月は本当にダメだった。
3日ぐらいは平気で絶食が続く。
すると、ビックリするぐらいアッという間に痩せる。

タイガーを病院に連れていくのは不可能なので、実は覚悟をしてたのだ。

ビフォーアフター

 おそらく夏は乗り越えられないだろうと

ビフォーアフター

 できることは
 ご飯の上に刺身を乗せたり
 オイルヒーターをフル稼働して
 季節の変わり目で不安定になる室温を一定に保つことだけ

その甲斐あってか。

気候が落ち着いた6月くらいから、
あれ?
なんか調子良くない?
と、不調の期間が少なくなり食欲が安定してきた。

ただ、ここで絶好調って言ったりすると、すぐ絶不調になる謎の猫だったので、ずっと「絶好調だけど絶不調」ってことにしてた。

そのおかげで(?)

ビフォーアフター

 タイガーのために買った冷風機を
 使うこともなく

ビフォーアフター

 蒸し暑かった夏も
 不安定な秋の季節の変わり目も
 軽いタッチで乗り越えました

ヨダレもすっかり出なくなったし、タイガーとの交流を深めるため、この冬はタマがタイガー部屋で寝ることになった。

ビフォーアフター

 いつもの変なオッちゃんじゃないと警戒しつつも
 スリスリしてリラックスをアピール

ビフォーアフター

 ご飯係のオバちゃんの横に行くか行くまいか
 小ちゃな脳みそでぐるぐる考えた結果

ビフォーアフター

 添い寝を決意し
 撫でてもらうことにしたようだ

まさか、こんな日が来ようとは!

口内の痛みに耐えピリピリしたふるまいからは、とうてい考えられないタイガーになった。

タイガーの体力に感謝。

ビフォーアフター

 おいでと呼ぶと
 まあまあ来るかな

初めましてから2年。
保護してから1年半。
タマハウスに来てから1年と2か月。

タイガーがどれだけ変わったか並べてみた。

劇的ビフォーアフター。

ビフォーアフター

 まあ
 なんということでしょう

ビフォーアフター

 つららと呼ばれたあのヨダレも
 警戒心満載の目つきもすっかり
 なりを潜めてるではありませんか〜

ビフォーアフター

 今では自分から撫でろと催促し

ビフォーアフター

 「タイガー」と呼ぶと
 振り向く

厳しい外猫の顔つきから、すっかり家猫のまなざしになったタイガー。

ただし。

ニンゲンが室内に入ると必ず隠れる謎の儀式は残ってる。

隠れるのは癖だと思うことにしたタマに応援を コノゲンキガツヅキマスヨーニ!

ビフォーアフター
見に来てくれてありがとう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする