野良猫時代後遺症その2

ポヂのビニール食べ行為。

これは当然、野良猫時代に身についた行為かと思われ。

想像するに、残飯が入ったゴミ袋に食べ物の味やニオイが付き、空腹のあまりビニールまで食べていたかと思われ。

そうこうするうち、あの中っくらいの脳みそに刻み込まれたコト。

ビニールは食べ物

binipodo3_convert_20091118112935.jpg

 ゴミ袋も

binipodi2_convert_20091118112922.jpg

 買い物袋も

binipodi1_convert_20091118112908.jpg

 ベーロベロ

舐める程度ならいいが、さんざん舐めた後は食べてしまう。

時々、吐いたゲ~の中にビニールがあると本当に焦る。
ヘタするとビニールが詰まって死んでしまう。

ポヂが咳き込んだ時はてっきり、
ビニールが胃袋に詰まってるに違いない!!!
と、ものすごーく慌ててしまった。

ポヂがビニールを食べることを発見して以来、注意してビニールゴミを捨てている。
にもかかわらず、ヒャラっと飛んでゴミ袋に入らなかったビニールを見つけて食べるのだ。
なので絶対ヒャラっと飛ばないよう、ゴミ袋の中にしっかり入るまでビニールゴミを見届けている。

おかげで我が家、ビニールゴミは散らかっていない。

食べられちゃうのでね。

ビニール舐め模様を動画でどうぞ。

猫の目の届くところにビニールを置いてはならない件

動画画面が出ていない場合はコチラから

ビニールゴミに細心の注意を払う我が家に応援

いつもありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする