一喜一憂

去年の暮れのこと。

1週間おきに発情を繰り返し、
そのたびに体調を崩してたタイガー。

発情が一旦おさまって体調が安定してきた。

痩せてしまったカラダもややふっくら。

よし今だ!

つって、思いきって避妊手術をすることに。

一番憂鬱だったことは、どうやってタイガーを病院へ連れて行くか。

一室を自由にしちゃってるタイガーを捕まえて、
洗濯ネットに入れるなんてもう絶対ムリ!

ということで。

一喜一憂

 ビンチョウマグロ入り捕獲箱に
 入ってもらうことにした

ところが。

タイガーちゃんも賢くなったもんだから、
マグロを取り出して外で食べちゃう。
くそぅ…

マグロの置き場所を変えて何回かトライ。
ようやく奥まで入りそこで食べ始める。

息ひそめて音を立てないよう、そ〜っと扉を閉めた。

本当は自動で閉まるンだけどすごい音がするし、
さすがに一緒に住んでてそこまで警戒心強くないから、
人間が手動で閉められて事なきを得る。

ここが最大の難関だったからものすごーくホッとした。

一喜一憂

 病院には二泊三日のお泊まりだから
 留守中に大掃除

一喜一憂

 すると
 変なおばちゃんいないって
 気づいた小僧が…

一喜一憂

 あれ? ドア開いてるって気づいた
 見えないオジさんが…

一喜一憂

 ものすごい点検を始めた

 小僧のほうは若干腰が引けてる

男子チームに点検されたなんて思ってもいないタイガー。

一喜一憂

 無事に退院

 口内洗浄と抗生物質の注射も打ってもらった

一喜一憂

 術後がちょっと心配だったけど
 顔つきが穏やかになっててすごく安心した

年越しできるかな?という状態だったタイガーは、こうして無事に年を越せた。

一喜一憂

 もう発情することもないし
 食欲も旺盛で穏やかな日々を送る

一喜一憂

 同室で一緒に寝てるオット君には
 こんなふうに触らせるまでになった

良かった良かった。

なんて安心したのも束の間。

4週間効果のある注射を打ってもらったのだが、
3週間も経たないうちに口腔内に異変が。

例のつららのようなヨダレがダラ〜り。

やばいと思った時はもう遅く。

一喜一憂

 お腹が空いてるらしくご飯皿の前まで行くんだけど
 口内が痛いのか食べられない
 ずっとお皿の前に座ってたけど結局食べるのを諦めた

すぐにちゅ〜るに薬を入れてあげてたけど、
痛みがあるせいで飲んだり飲まなかったり。

そんなある日、タイガーの様子を見に行くと。

一喜一憂

 まったく動かない!

いつもなら部屋に入っただけで起きるのに。
こんな近くに行ったら「近寄ンなや!」的な目で見るのに。
「タイガー…タイガー?」って呼んでも全然起きない。

もうダメかもしれない…

オット君にそうメールを入れ、
ううううっ…って泣きそうになってたら。

一喜一憂

 うるさいわね〜
 なんなのよ

おばあちゃん…爆睡してたようです。

いや〜ホント良かったよ〜

そんなこともありーの、
これから寒波が来るらしーので、
思いきってこんなものを買ってみた。

一喜一憂

 オイルヒーター

タイガーの寝床にはホットマットが敷いてあるけど、
気温が10℃を下回る日はリビングの暖房が行き届かないのが気になってた。

免疫を維持するのに寒さは大敵。

日中は陽当たりが良いし、
リビングの暖房と併用のせいか
オイルヒーターめっちゃ暖かい。
これにホットマットもあるからもう大丈夫だろうと思った。

室内が一定の温度を保ってるおかげで痛みがやわらいだのか、
薬入りちゅ〜るを飲むようになった。

薬さえ飲んでくれれば安心。

案の定、食欲も戻ってきた。
そうなると。

一喜一憂

 タマがまだ部屋にいるのに
 ご飯待ちきれないって

一喜一憂

 人間なんて構ってられないらしく
 ムッシャムシャ

一喜一憂

 今ではご飯が待ちきれないから
 早く〜って呼ぶまでに回復

タイガーと出会って1年以上。
室内に入れてから半年以上。
タマホームに来てから3ヶ月。

特にここ半年の間、一喜一憂でタマはタイガー疲れ。

おまけに。

タマホーム内ではネコの暖房格差が広がっている。

オイルヒーターで電気代がいくらになるのかビビってるタマに応援を ケイサンシタラ、プラス1マンエン!

nicobana_convert_20120321170122.jpg

見に来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする