【 猫 】過労じゃないのに…

テンは、サンが来てもそれほど気にはしていない。
ただ、玄関脇の部屋で、オットの猫なで声が聞こえてくると少し気にする。
だが、サンの部屋には行かない。

アタシの兄さんは、あっちで誰とナニしてンのかしら?

テン子ちゃんは、オット兄さんが大好き。
ある時から急に大好きで、
兄さんがちょっと立ち上がるだけで、勘違いして寝室へ走っていくのだ。
オットも嬉しそうに「テン、まだ寝ないよ~」と言う。
すると、慌てて戻って来るテン。

そんな好きか?

そんな好きなのである。

テンは、甘えたいと手を舐めてくる。
私は、猫アレルギーを持ってるので舐められたくない。
カユい。
その点、オットは全く平気なので、テンの気が済むまで手を舐めさせてやってる。
特に、我らが眠る前、テンは延々とオット兄さんの手を舐めている。
それが習慣化し、寝る前のセレモニーとなる。

一度、眠ってる私の手をテンが舐めたのをオットは見たという。
私は邪見に「もぉ」とテンの顔を払ったそうである。

「可哀相に。テンはその後、ボーッとした顔になった」

そんなこと言われても。
意識ないから、しょうがないじゃん。

オットは、眠る前のセレモニーをテンへのサービスだと思ってる。
ただ、私の観察ではちょっと違う気がする。

テンは、オット兄さんの手をさんざん舐めながらゴロゴロ言う。
オット兄さん、2分もあれば眠りに落ちる。
するとテンは、どこかへ行ってしまうのだ。

やれやれ、やっと子供が寝たわ。

私にはそう見えた。
お母さんのつもりか?

そんなふうなので、オット兄さんの猫なで声は気になるが日常通りのテン。
過労で倒れたポヂとは違う。
そのはずなのに。

どうした? テン子!

karouten1.jpg

 寝てるかと思いきや

karouten2.jpg

 アタシの兄さん、
 あの部屋で誰と…?

目が虚ろ……

お転婆テン子ちゃん。

兄さんだけが唯一、好きなオトコなのに。

あとのオトコ(マメポヂ)どもは、大ッ嫌いなのに。

さらにもう1匹、嫌いなオトコ(サン)が増える予定なのに。

画像 
 ←テンッと押して貰えると励まされます

画像

クリックありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする