家猫修行やり直し【茶トラの花】

ビビって隠れっぱなしだった花とトリだったが、
人間と一緒にオモチャで遊ぶようになってきた。

早い段階で1室フリーにしちゃったから、
遊ぶとはいえなかなか触れない。
だけど、このまま遊び三昧で人慣れできたらいいなと思ってた。
その反面。

それだと時間かかるかもな、という思いもあった。

ケージでやり直したほうが早いのは分かってた。
でも、ちょっと慣れてきたからこのままでもいいかな?

なんて、ついつい妥協してしまうのは、
ケージ内での暮らしを可哀想って感じてしまうから。

ワクチン接種に連れて行くから、
もしケージに戻すなら病院帰りだな、とも考えていた。

キャリーバッグからそのままケージに入れれば、ネコも人間もラクだ。

で、獣医さんに相談したところ、
やはり即、ケージ内で修行やり直しとなった。

hanakeiji_convert_20160811152115.jpg

 そこに入って
 ワクチン接種に
 行くんだよ

キャリーバッグにはすぐ入れられたけど、
病院に着くまでの間は案の定、大騒ぎ。

病院では2匹とも暴れそうだったから、
ウイルスチェックは諦めてワクチンのみ。

hanakeji2_convert_20160811152129.jpg

 帰宅後
 ケージの中へ
 家猫修行
 やり直しだが…

ご飯も食べず水も飲まず固まったままに。
そして、人間が寝静まると…

ぎゃおーん
ぎゃわわーーん!
わおーんわおーーん!!

訳すと

花兄ちゃーん! どこーー?
トリこそどこー? オレこわーい!!
アタチだってこわーい! たちけてーー!!

とまあ、持てる限りの力で一晩頑張った。

子猫というものは、
いついかなる時でも可愛いとお思いでしょうが。

hanakeji3_convert_20160811152141.jpg

 一晩中
 鳴き明かすと
 子猫だって
 こんなに
 やつれる

可哀想だけどしょうがない。
人間だって寝不足だ。

この雄叫びを何日続ける気だろうと恐れおののいていたが、そこは子猫。
一日で終わった。

hanakeji4_convert_20160811152154.jpg

 可愛い
 容器があったから
 寝床にしたら
 そこにもすぐ
 入った

hanakeji5_convert_20160811152206.jpg

 緊張状態なのに
 寝顔は笑みに
 なっちゃうようだ

緊張状態は続くのだが、なんせ子猫の体力は少ない。

hanakeji6_convert_20160811152219.jpg

 人間が近くで
 ウロウロしても
 まったく
 起きてられない
 状態に

こうして花の家猫修行が始まりました。

人間が思う『ネコが可哀想』なことと、ネコ自身が感じる可哀想なことは違う。

自分の情を優先してしまうのはネコにとって良くないことと分かってるのに。

それがなかなか難しい…

hanakeji7_convert_20160811152233.jpg

 雄叫びを
 あげてたら
 先住猫の糸に
 めっちゃ叱られ
 黙り込むの図

花を叱る糸の声でその都度びっくりしてたタマに応援 ネコ、ウルセー!

nicobana_convert_20120321170122.jpg

見に来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする