地域猫と家猫のあいだにいた頃

おそらく、生まれてからずっと野良暮らしをしてたタイガー。

保護猫の里親募集やら去勢、避妊手術やら家猫にしちゃおうやらをやっていたのと平行してタイガーの面倒を仕事場で見てた。

口腔の状態が良くないから何度か室内に入れようとしたものの、自ら中に入ってくることはなかった。

hogo1_convert_20161023142248.jpg

 なので
 半年以上ベランダで外猫をしてた

それが、ある6月の雨の日。
その日はとても寒かった。

いつものようにベランダでご飯をあげようとすると。

hogo2_convert_20161023142311.jpg

 思いきったように
 自分から入ってきた

hogo3_convert_20161023142325.jpg

 こんなに落ち着いて室内でご飯を食べたのは
 初めて

hogo4_convert_20161023142342.jpg

 おまけに眠りだした

そうかい。
キミは家猫になろうと決めたんだね。
それならということで、捕獲箱に入れて病院へ連れて行った。

ところがタイガー、大暴れ。
とてもじゃないけどウイルスチェックはできない。
となれば、家猫保護猫ワンサカいる家には連れて行けない。

おまけにガリガリで状態が悪いから麻酔もかけられない。
かけてもいいけど、リスクが高い。

ということで、せめて体重が増えるまで仕事場で面倒をみることに。

それまでの間、もし外に出たいと主張するなら外に戻すと決めたので、タイガーは地域猫のまま。

この先、地域猫のままか家猫になるのか、いずれタイガーが決めればいいと思ってた。

hogo5_convert_20161023142510.jpg

 ホントは自分で食べられるけど
 口内炎の薬を飲んでほしいから甘やかす

hogo6_convert_20161023142520.jpg

 ヨダレやなにやらで
 ガビガビの毛をブラッシング

hogo7_convert_20161023142533.jpg

 物置代わりにしてた風呂場を綺麗にして
 ケージから移動

hogo8_convert_20161023142543.jpg

 高齢用のフードを買ったら粒が大きく
 包丁で割ってた
 チョーめんどい

猫仲間のご夫妻がタイガーを気にかけてくれて、ご飯皿をプレゼントしてくれたので。

hogo9_convert_20161023142601.jpg

 これに入れて出すと

hogo10_convert_20161023142611.jpg

 ぺろりと完食
 食べやすかったんだね〜

hogo11_convert_20161023142622.jpg

 オモチャにも
 一瞬だけど興味を示した

こんな暮らしを続けてたけど、毎日、朝晩タイガーの元へ行くたび、こんなことを思ってた。

hogo12_convert_20161023142631.jpg

 行ったら死んでるかも

8月まではそんな雰囲気を感じてた。

9月に入ったころ。
タイガーは懐いてはいないけど触らせてくれるしゴロゴロもいう。
ノラみたいに逃げ回ることはもうないだろうと思って室内フリーにした。
ヨダレだらだらなのは、しょうがない。

すると…

hogo13_convert_20161023142643.jpg

 動くようになったせいか
 ご飯を残すことがなくなり
 もう大丈夫だ!
 って思えるようになった

hogo14_convert_20161023142653.jpg

 仕事用のマットを勝手に敷かれてた
 返して貰ったけど臭いが取りきれず
 もう使えないのでタイガーにあげた
 も〜困るンだけど

hogo15_convert_20161023142750.jpg

 滝のようなヨダレが強烈で
 タイガー改めしずくって改名しようかという
 話も出たぐらい

タイガーのヨダレは細菌が多く結構なニオイを放つ。

家が臭くなるのはイヤだけど、カラダも少しだけどふっくらしたし、これから寒くなるので仕事場から自宅へ連れ帰ることに決めた。

帰るからにはウイルスチェックをしなければ。
いざ病院へ再びトライ!

これが10月初めのこと。

hogo16_convert_20161023142813.jpg

 もう捕獲箱じゃないよ
 洗濯ネットに入れキャリーバックで来たよ
 飼い猫みたいだね

ここからまた、いろいろ驚くことがありました。

動かないから写真にバリエーションがないタイガーに応援を ビョウインダトウゴキスギ、トイウカアバレスギ

nicobana_convert_20120321170122.jpg

見に来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする