地震から1週間

 
3月11日(金)午後2時46分。

震度5弱。

地震の最中、ちょっと本当にもうダメかもしれないとタマは思った。

でも、大丈夫だった。

タマもオット君も職場にいて家にはネコしかいなかった。JR・地下鉄全線ス

トップしたその日は運良くオット君がバイク出勤だった為、歩くことなく帰

って来られた。玄関の鍵を開けるのももどかしく「サン!ポヂ!」と連呼し
ながら家に入る。いつもならsun_convert_20100519123324.jpgが玄関でクルクル回ってるのにいない。
いつもならリビングのドア奥に座ってるpoji_convert_20100519120822.jpgの姿も見えない。大声
で2匹の名を呼ぶもシーンと静まりかえるタマホーム。窓も開いてないから

どこへも出られないハズ。探す。探す。しかし、こうなるとネコって本当に

探せないのだ。最初は慌てたものの、まあどこかにいるンだからと少し落ち

着いて考えて閃いた。たぶんここにいるであろうと机の下を確認する為、ス
チール製引き出しを引っ張り出すと、奥の端っこにsun_convert_20100519123324.jpgが息を潜めてた!
「おいでおいで」と呼ぶのだが全く動こうとしない。まるで拾った当初のよ

うである。しばらく待ったが来ないので狭い中をジリジリと入って行き、手

を伸ばしてサンに触る。「恐かったねぇもう大丈夫だよ」と猫なで声を出し
ながらsun_convert_20100519123324.jpgを撫でてやる。で、少し引っ張り出してみる。しかし、すぐ
奥の方へ逃げてしまう。でも触った感じから震えてるわけでもない。それな

ら、と猫缶を見せて缶詰の音を聞かせてやったら。なんてことはない。チョ

ラチョラと出てきたではないか。「もう大丈夫なの?」と聞くと、再び隠れ

るフリはするものの缶詰からは離れがたい様子。よっしゃ!と急いで皿に猫

缶を出してやると、ほふく前進で皿ににじり寄り急いで食べる。食べた後、

再びすぐ隠れようとするが「おかわりあるよ」と言うと戻って来ては「くれ

くれ」と言い、おかわりを食べた頃にはもう恐怖心は去ったようであった。
その間、オット君がpoji_convert_20100519120822.jpgを発見。寝室のクローゼットの上段のシー
ツ入れの隅っこで縮こまっていた。オット君が抱いてリビングへ連れてくる
と、急いでsun_convert_20100519123324.jpgが隠れていた机の下の奥の隅っこへ行ってしまった。元
の場所に戻した引き出しをまたまた引っ張り出し、呼ぶとオズオズと出てく

る。が、また隠れる。呼ぶとオズオズ。また隠れる。延々それを繰り返して

るうちに我らもすっかり落ち着いたので放っておくことにした。ようやく出

てきたと思ったら、水を飲んでは隠れ飲んでは隠れの繰り返し。その後、

結構な時間が経った後でようやくご飯を食べて、この日は終わった。この地
震で、sun_convert_20100519123324.jpgはやっぱり楽天家だしpoji_convert_20100519120822.jpgは意外とナーバスだっ
たことが判明。ようやく落ち着きを取り戻したように見えたpoji_convert_20100519120822.jpgだっ
たが、何かと玄関の方を気にしている。家を大きく揺らしコップを割った恐

い何かは、どうやら玄関から入ってきたと思ってるようだ。しきりに玄関を

気にして隠れて出てきて玄関を見てまた隠れて、とその夜は繰り返していた。

おかげで翌日は朝から晩まで爆睡状態。地震があった午後3時頃から我らが

帰宅する8時までの5時間以上、飲まず食わずで隠れてたのだから、かなり

疲れたのだろう。あれから1週間。揺れがくるたびpoji_convert_20100519120822.jpgは目をまん
丸くして飛び起きるのだが、すぐに抱っこして赤ちゃんをあやすように揺ら

してやれば、ジッと落ち着いていられるようになった。ただ、タマが抱っこ
してやれるのはポヂのみ。2匹は抱っこできない。では揺れてる間のsun_convert_20100519123324.jpg
はどうしてるかというと。ご安心あれ。震度3くらいでは目を覚ましませぬ。

グースカ眠っておられます。揺れがおさまった頃、うーんとノビをしている

のであられます。
頼む!poji_convert_20100519120822.jpgsun_convert_20100519123324.jpgを足して2で割ってくれ。
震災翌日、sun_convert_20100519123324.jpgなどはヨダレを垂らして眠っておった。

お疲れだったのでしょう。

致し方あるまい。

yodare_convert_20110318170117.jpg

 この口の下に
 ヨダレの跡が
 丸くあった

翌日のポヂはというと。

もの凄いイビキをかいて寝ております。

音量を大にしてお聞きくだされ。

動画画面が出てない場合はコチラから

ともあれ、タマホームは幸いなことに、
誰もケガすることなく、無事に日常を送れています。

運が良かっただけのタマに応援

来てくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする